メニュー
ホーム
商品紹介
サービス
サポート
ご連絡先
ブログ
LEDの特徴
ギャラリー・テスティモニー
ネオルックSP安定器の特徴

照明器具の安定器とは、蛍光灯を点灯させる回路であり、8~10年が寿命とされています。器具本体・ソケット・端子台・反射板等の他の部品は、破損さえしなければ安定器よりも長持ちするのですが、これまでの照明器具は安定器の寿命が来るとすべて一式交換されていました。ネオルックSP使用により単品交換が出来ます。その結果、コストの低減、ゴミ排出の抑制、交換作業の簡素化が可能になります。ランプ自体の寿命を長くし、安定器の大半を鉛フリーにすることで、環境汚染のインパクトを低減します。

蛍光灯電子安定器ネオルックSPの特徴


省エネ:今までの明るさを維持したままでの最大限の省エネ
40W2灯の場合、24~35%以上、
40W1灯の場合、24~38%以上、
110W2灯の場合、27~35%以上、
110W1灯の場合、27~35%以上の電気消費量削減結果が出ています。

ランプ交換費の削減:始動時のソフトスタート方式により、ランプフィラメントにかかる過電流を押さえるので、ランプの寿命が延びます。そして2灯式安定器は、並列式を採用しているので、ランプが1灯切れても、もう1灯は正常に点灯し続けます。

冷房の効率改善:ランプ自体及び安定器の温度が、大幅に低減するので、夏場の空調効率の改善が可能になります。

安全対策
。突入電流抑制回路内臓:電源スイッチをオンにしたときに発生スr過度ノイズを従来品に比べ10分の1以下に低減。
。エミレス保護回路内臓:ランプ寿命末期時のエミレス状態*を検知し、保護回路によって発振を停止します
*エミレス状態とはエミッター(フィラメントに塗布された電子放出物質)が消耗していまい、そのまま点灯し続けるとランプが過熱し、ランプ溶断の危険性がある状態です。

。電磁波・高調波対策:病院や工場等で懸念されている電磁波・高調波を最高レベルで抑制できます。
。多重保護回路内臓:インバータ使用において、様々な災害に備え、雷サージ防止回路、ランプ以上状態及び誤結線時、動作遮断回路、オープンショート防止回路、過電圧・過電流・入力時安全保護回路の安全対策を施します。

ホーム
弊社について
商品紹介
サービス
サポート
ご連絡先
ブログ